冬が待ち遠しくなるクリスマスケーキに出合った。

ビーントゥーバーでおなじみminimal(ミニマル)の
2018年限定版クリスマスケーキだ。

シングルオリジンのカカオ豆から、
ホワイトチョコレートとダークチョコレートの2種類を作り、
二層の層に仕上げている。
シングルオリジンを丸ごと楽しめる、
チョコレート好きにはたまらないケーキ。

新製品発表会では、クリスマスケーキのほかガトーショコラや生チョコレートの試食も。

カカオ豆は、コロンビア産のアルコワ族が作った、
これまたミニマルならではのこだわり。

ホワイトチョコレートの層は、
ムースに仕立ててあり、滑らかで、
その雪のような見た目を裏切らずほわっととろけるくちどけ。

従来のホワイトチョコレートって、
香りがなく油分がべたっと舌に残るイメージ。
これは、シングルオリジンのカカオ豆を生のまま絞るという贅沢な工程により実現する香りと滑らかさ。
グリーンレーズンのような爽やかで華やかな香りは新感覚。

下層はダークチョコレートで作られた濃厚なチョコレートケーキ。
カカオでありながらブランデーのようなうっとりする香りと
カカオらしい芳ばしさのどちらも感じられるのが面白い。

さらに土台にはココアサブレが敷いてあり、
食感の違いも楽しい。

それぞれの層で食べその味の違いを味わうもよし、
3つの層をまとめて食べて、香りの奥行きを味わうもよし。

予約期間は、12月2日~12月20日まで。
手作りのため100個限定の完全受注生産。

誰かに教えたい。
でも、絶対即日完売するに違いないと思うと、
本当は教えるのが惜しいと思えるクリスマスケーキだ。

 

他にもチョコレートの産地食べ比べや新製品のクッキー、ガトーショコラ、生チョコレートの試食も用意された。

 

 

 

ミニマルの新製品発表会は、行くたびにチョコレートの新たなおいしさに出合えるので

毎回見逃せない発表会のひとつだ。