働くことは、おいしく人生を味わうこと。
食べることの愉しさ、味わうことの喜びを
物心つくまえから与えてくれた親と祖母に
大人になって深く感謝するようになった。

貧乏をした時代も
深い見識で豊かな日本の食卓を彩ってくれた。
長くない平穏に食卓が熱を失ったあとも
その記憶を頼りに、ひとりでも子供ながらに
おいしく食べることを妥協せずにすんだ

働くことは、おいしく人生を味わうこと。
だから、食べることに妥協はしない。
それは、社会にもまれて紆余曲折をへて
食を職にするようになったここ数年の密かなテーマだったけれど
幼いころの食卓がルーツしているのだなとふと気づいた。

働くことは、おいしく人生を味わうこと。
大人になってから知ったことは
おいしく味わうには相手が必要ということ。
誰かのためにと思いを込めてふるう腕は
自分のためには発揮できない。
そしてまた、気づく。
貧乏をした時代に彩られた豊かな食卓は
親や祖母のそうした想いが作用していたからかもしれない

働くことは、おいしく人生を味わうこと。
プライベートでも、仕事でも、
ともにおいしく味わえる相手を紡いでいくこと。
それは人生をおいしく味わうための
一番の隠し味だ。

そんなことをつらつらと思う
最終電車に揺られながら
読書の秋をむさぼる日曜の夜。

この日の読書のお相手は「こいしいたべもの」森下典子著書(文春文庫)

思い出と重なり共感することが多かった作品。

それはきっと、私だけではなく、多くの方にも通じるものがあるのかなと思う。

また、この作品で徒然なるままにColumnを書いてしまいそうです…

ごゆるりと、お付き合いをよろしくお願いいたします^^