こんにちは。

管理栄養士・フードコーディネーターの楠本睦実です。

管理栄養士」「ワーキングママ」ならではの視点から

簡単・時短で作れる、栄養を考慮したレシピを提案しています。

 

題して、

パっと2つの食材で15分!で完成。

ワーママ管理栄養士の旬菜ごはん」

第5回目のレシピは、

「しゃっきりれんこんと鶏手羽のオイスター黒酢炒め」です。

鶏手羽肉とれんこんの2つで簡単に作れる炒めものです。

ちょっぴり食べにくい鶏手羽肉も、ひと手間で食べやすく

仕上げていますよ。

詳しくはレシピをご覧下さい。

しゃっきりれんこんと鶏手羽のオイスター黒酢炒め

Mutsumi Kusumoto

れんこんは、風邪予防に必須なビタミンCや腸内環境を整えるのに

欠かせない食物繊維を多く含む、根菜類です。

粘り成分であるムチンは、胃の粘膜を保護し、肝臓や腎臓の機能

を高めるとも言われています。

 

■材料(2人分)1人あたり340kcal

・鶏手羽中 200 g

・塩、こしょう 少々

・れんこん 120g

Aオイスターソース 小さじ2

A醤油 小さじ2

A黒酢 小さじ2

Aみりん 大さじ1

・サラダ油 大さじ1

・青ねぎ 少々

■作り方

①鶏手羽中は、骨に沿って包丁で切り込みをいれる。

れんこんは、縦に6〜8等分に切り、水にさらす。

②サラダ油を熱し、鶏手羽中をしっかりと焼き、

れんこんを加えて油がまわるまでしっかりと炒める。

③②にAがしっかりと絡むまで炒めて器に盛り、青ねぎをそえる。

Mutsumi Kusumoto

鶏手羽中に切り込みをいれることで、

身が離れやすくなり、食べやすくなります。

黒酢を加えることで、しつこくなく、さっぱりしつつもごはんがすすむ味に。

 

れんこんをいれることで咀嚼回数も増えて、

顔のシェイプアップ効果や食べ過ぎも自然と抑えられます。

ダイエット中の方にもぴったりなおかずです。

ぜひお試し下さいね♪