こんにちは。

管理栄養士・フードコーディネーターの楠本睦実です。

管理栄養士」「ワーキングママ」ならではの視点から

簡単・時短で作れる、栄養を考慮したレシピを提案しています。

題して、

パっと旬食材であっというまに完成。

ワーママ管理栄養士の旬菜ごはん」

 

第9回目のレシピは、

「タラとかぶのふわとろグラタン」です。

グラタンといえば冬の定番ですね。

とろ〜っとチーズは誰もがすきなはず。

今回ご紹介するレシピは、ホワイトソース要らずのグラタンです。

とある食材をソースにして、簡単・ヘルシーに仕上げています。

■タラとかぶのふわとろグラタン

Mutsumi Kusumoto

鍋食材の定番であるタラは、消化・吸収が良く

風邪や胃腸が弱っているときにもおすすめな食材の1つです。

味も淡白なので、幅広い味付けで楽しめます。

また、グルタチオンという成分を含み、抗ストレス作用抗酸化作用も期待できます。

 

■材料(2人分)1人あたり263  kcal

・タラ 2切れ

・塩、こしょう 少々

・薄力粉 大さじ1

・かぶ(根の部分) 2個

A 長芋 150g

A 味噌    大さじ1

・オリーブ油 大さじ1

・チーズ 30g

■作り方

① タラは皮・骨をとり、一口大に切る。(骨がとりにくい場合は、焼いてからでもOK。)

塩・こしょうをふって少々おき、水気をふき取って薄力粉をまぶす。

かぶは、4〜6等分のくし形切りにする。長芋はすりおろす。

オーブンは200℃に予熱しておく。

② フライパンにオリーブ油を熱し、かぶの両面を軽く焦げ目がつく程度に焼き、

タラも両面をさっと焼き、耐熱皿にのせる。

③ よくまぜたA、チーズを②の上にのせて、200℃に予熱したオーブンで10〜15分焼く。

Mutsumi Kusumoto

長芋をすりおろしてホワイトソース代わりにしました。

味噌とチーズと非常に相性がよく、栄養価も高まりヘルシーなのでおすすめの組合せです。

 

定番のホワイトソースも美味しいですが、一風変わった和風グラタンも

ぜひお試し下さい♪