こんにちは。

管理栄養士・フードコーディネーターの楠本睦実です。

管理栄養士」「ワーキングママ」ならではの視点から

簡単・時短で作れる、栄養を考慮したレシピを提案しています。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

題して、

「ぱぱっと15分煮込むだけ。

ワーママ管理栄養士の旬菜ごはん。」

 

第12回目のレシピは、

「うま味たっぷり!鶏のサムゲタン風」です。

年があけて早くも1週間。

お正月明けの疲れた胃腸を労るおかゆ、

無病息災を願って七草粥を食べる日でもありますね。

七草粥を食べる日にちなんで、

鶏のうま味が存分に味わえる胃腸にも優しい1品、鶏のサムゲタン風をご紹介します。

■うま味たっぷり!鶏のサムゲタン風

Mutsumi Kusumoto

サムゲタンとは、韓国料理の1つで、

丸鶏に、もち米や朝鮮人参などの漢方食材をいれてじっくり煮込んだ

鶏のうま味が存分に味わえる1品です。

薬膳食材も豊富に使用するため、栄養価も高く、

本場韓国では、スタミナ食として食べられているそうですよ。

 

難しそうなイメージのサムゲタンですが、

鶏手羽元を使えば手軽に作れますよ。

丸鶏よりも火のとおりが早いので、煮込む時間をグッと短縮できます。

 

■材料約2人分(1人当たり:396kcal)

・もち麦  90g

・里芋  1個

・生姜 1/2かけ

A ねぎ(青い部分) 1本分

A 鶏手羽元 300g

A 水 3と1/2カップ

A 酒 1/4カップ

・塩 小さじ3/4(4.5g)

・クコの実 大さじ1

■作り方

【下準備】

鶏手羽元の骨に沿って切り込みをいれる。

生姜は千切りにする。里芋は皮をむいて1センチ幅の半月切りにする。

① Aを鍋にいれて中火にかける。

② 煮立ったら、アクをとり、もち麦、里芋、生姜を加える。

③もち麦が柔らかくなるまで、ふたをして弱中火で約15分程煮る。

④塩で味を整え、クコの実を加えて器に盛る。

 

Mutsumi Kusumoto

骨付きの鶏肉を使うことで、鶏のうま味たっぷり。

手羽元に切りこみをいれることで、身離れもよく、食べやすくなります。

もち麦は、もち性の大麦。(うるち性の大麦は押し麦です。)

もちもち・プチプチとした食感が特徴的で、

水溶性食物繊維が多いのが特徴ですが、不溶性食物繊維も含まれているので、

便秘解消効果も期待できます。

寒い日にもぴったり!胃腸に優しくからだに染み渡る1品で、

まだまだ寒い日を乗り切っていきましょう。