こんにちは。

管理栄養士・フードコーディネーターの楠本睦実です。

管理栄養士」「ワーキングママ」ならではの視点から

簡単・時短で作れる、栄養を考慮したレシピを提案しています。

題して、

「ぱぱっと3つの材料で20分

ワーママ管理栄養士の旬菜ごはん。」

 

第15回目のレシピは、

「白菜と牛肉のプルコギ風」です。

お正月もあけて、あっというまに1月もおわりですね。

お鍋に鉄板の白菜を、韓国料理の定番メニュー「プルコギ」風にアレンジしました。

「白菜が使い切れない」「メニューがマンネリ化してしまう」

そんな方にもおすすめ。

ごはんにもピッタリの1品ですよ。

■白菜のプルコギ風

Mutsumi Kusumoto

11〜2月、いまが旬の白菜は、

甘味がありビタミンCビタミンKカリウムを多く含みます。

味にクセもないので、煮込んだり、炒めたり、カサを減らすことで、

食べやすくたっぷりと食べることができます。

 

■材料約2人分(1人当たり:475kcal)

・牛こま肉 150g

A 醤油 大さじ1.5

A 砂糖 小さじ2

A ごま油、酒 各大さじ1

A にんにく、生姜(すりおろしたもの) 各1/2かけ

A  ねぎ(みじん切り) 5センチ分

A 一味唐辛子 小1/4

・白菜 200g

・しめじ 50g(1/4パック)

・サラダ油 大さじ1

・炒りごま 少々

 

■作り方

① 牛こま肉は、Aに10分程漬ける。

白菜は横7ミリ幅に切る。しめじはほぐす。

② フライパンを熱し、牛こま肉を漬け汁ごとさっと炒め、

一度取り出す。

③ サラダ油を熱し、白菜、しめじをしんなりするまで炒める。

②を戻し入れ、さっと温める程度に手早く炒めて器に盛り、炒りごまをふる。

Mutsumi Kusumoto

牛肉のコクと甘辛ダレがぴったりな、ごはんにあうボリュームおかず。

一味唐辛子がピリッとアクセントになります。

お子様のいる家庭では、漬ける段階では省いて、

炒めてから少々ふるなどして、調整してみて下さいね。