こんにちは。

管理栄養士・フードコーディネーターの楠本睦実です。

管理栄養士」「ワーキングママ」ならではの視点から

簡単・時短で作れる、栄養を考慮したレシピを提案しています。

題して、

「ぱぱっと15分。

ワーママ管理栄養士の旬菜ごはん。」

第16回目のレシピは、

「薬膳キャロットラペ」です。

乾燥していて、巷では風邪やインフルエンザが流行っておりますね……。

 

今回は、旬の金柑や薬膳を盛り込んだ

薬膳キャロットラペをご紹介します。

 

おいしく食べて、ウィルスに負けない体づくりを!

メイン料理の付け合わせにもぴったりですよ。

 

■薬膳キャロットラペ

Mutsumi Kusumoto

薬膳食材である、松の実クコ黒ごまについて簡単にご紹介します。

中華に使われることの多い松の実は、食物繊維や不飽和脂肪酸を多く含み、

便秘解消悪玉コレステロールを低下させる効果が期待できます。

杏仁豆腐のトッピングとしておなじみのクコは、ビタミンCポリフェノール

多く含むことから美容には欠かせない食材と言われています。

黒ごまは、肝臓腎臓機能向上などに効果が期待でき、

ビタミンEポリフェノールを多く含みます。

■材料約2人分(1人当たり:126kcal)

・人参 1/2本

・塩 少々

・金柑 3個

・松の実、クコの実 大さじ1/2

A  レモン汁 大さじ1

A  オリーブ油 大さじ1

A 塩 少々

A 胡椒 少々

・黒ごま 少々

■作り方

① 人参は千切りにして塩を少々ふり、水気がでたら手でしっかりとしぼる。

金柑は薄切りにする。

② ①と松の実、クコの実、ボウルにいれてAであえる。

③ ②を器に盛り、黒ごまをふる。

日常使いはもちろん、おもてなしにもぴったりです。

バレンタインが近いので、メイン料理の付け合わせとして

作ってみてはいかがでしょうか。