こんにちは。

管理栄養士・フードコーディネーターの楠本睦実です。

管理栄養士」「ワーキングママ」ならではの視点から

簡単・時短で作れる、栄養を考慮したレシピを提案しています。

題して、

「ぱぱっと15分。

ワーママ管理栄養士の旬菜ごはん。」

第17回目のレシピは、

「ポークステーキ アップルジンジャーソース」です。

 

焼いてたれを絡めるだけの定番メインデッシュ、ポークステーキ。

今回はソースに一工夫。

あっというまに作れるのに

手がこんだようにみえる1品に仕上げました。

 

バレンタインに、いつもよりワンランク上の1品を作りたい、

でも平日は忙しくて難しい……

という方にとくにおすすめです。

 

■ポークステーキ アップルジンジャーソース

Mutsumi Kusumoto

ソースに使うりんごは、食物繊維であるペクチンビタミンCを豊富に含みます。

そのほか、リンゴ酸クエン酸も含み、疲労回復にもピッタリな食材です。

 

生姜のピリっとした辛みとりんごの甘味をあわせたソースで、

赤ワインにぴったりの大人のポークステーキに仕上げました。

 

■材料約2人分(1人当たり:503kcal)

・厚切り豚ロース肉 300g(150g×2枚)

・塩、こしょう 少々

・薄力粉 適量

A  りんご 60g(1/6個)

A  生姜 1かけ(15g)

A  醤油 大さじ1.5

・オリーブ油 大さじ1

・クレソン 適量

■作り方

① りんごと生姜はすりおろす。

豚ロース肉表面に5〜6箇所、包丁で浅く切り込みをいれて筋切りをする。

キッチンペーパーで軽く水気をふき取り、塩、こしょう、薄力粉をまぶす。

② フライパンにオリーブ油を熱し、温まったら、

片面焼き色がつくまで焼き、裏面も同様に焼く。

③ Aをいれて、ふたをして弱火で1分半蒸し焼きにして器に盛る。

Mutsumi Kusumoto

筋切りをすることで、お肉の反り返りを防止。

フライパンはしっかり温めて焼くのがポイントです。

 

今年のバレンタインは平日ですが、

ご馳走級の1品がパパっと簡単に作れるので、

お仕事おわりの方もぜひ作ってみて下さいね♪