こんにちは。

管理栄養士・フードコーディネーターの楠本睦実です。

管理栄養士」「ワーキングママ」ならではの視点から

簡単・時短で作れる、栄養を考慮したレシピを提案しています。

題して、

「ぱぱっと15分。

ワーママ管理栄養士の旬菜ごはん。」

第19回目のレシピは、

「鶏とさつまいものコチュジャン煮です。

ピリッと旨辛でごはんがすすむおかず

ご紹介です。

 

しかもこちらのメニュー、

材料はたったの2つだけでできちゃいます!

 

■鶏とさつまいものコチュジャン煮

Mutsumi Kusumoto

さつまいもは年間を通して手に入りやすい食材です。

 

おかずのお供にはなりにくい食材ではありますが、

今回は鶏肉やにんにく、コチュジャンなどをきかせて

ごはんにピッタリな1品に仕上げました。

 

■材料約2人分(1人当たり:406kcal)

・鶏もも肉 200g

・さつまいも 150g

A コチュジャン・酒・醤油 各大さじ1

A にんにくすりおろし 1/2かけ分

A 砂糖 大さじ1/2

A 豆板醤 小さじ1/2

・サラダ油 大さじ1

 

■作り方

①鶏もも肉は一口大に切り、余分な皮をとる。

さつまいもは1.5センチの輪切り(大きいものはイチョウ切り)にして水にさらす。

② 鶏もも肉を炒め、さつまいもをいれて油がまわるまでしっかり炒める。

③余分な油をふきとり、②にAを加えて、煮立ったら

水分をとばすように5~7分ほど弱火で炒める。

④ 汁気がなくなったら器に盛る。

Mutsumi Kusumoto

豆板醤はお好みで調節してみてください。

辛めがお好みの方は、ほんの少し増やしてみてください。

さつまいもは、鶏肉の厚みに揃えて切ると見た目もきれいに仕上がりますよ。

ぜひ作ってみてくださいね!