こんにちは。

管理栄養士・フードコーディネーターの楠本睦実です。

管理栄養士」「ワーキングママ」ならではの視点から

簡単・時短で作れる、栄養を考慮したレシピを提案しています。

題して、

「ぱぱっと15分。

ワーママ管理栄養士の旬菜ごはん。」

第22回目のレシピは、

「ホタルイカと春野菜のアンチョビソテーです。

少ない食材でも旬の食材に絞れば、一皿で春を味わえます。

ぱぱっと炒めるだけでカンタンにできるので、

忙しい平日にもおススメですよ♪

 

ホタルイカと春野菜のアンチョビソテー

Mutsumi Kusumoto

4〜5月に旬を迎えるホタルイカは、肝機能を助けるタウリンを多く含み、

お酒のお供としてもおススメな食材です。

ほろ苦さが特徴の菜の花は、鉄分カリウムなどのミネラルも多く、

風邪予防や免疫力向上に欠かせないβ-カロテンビタミンCなども豊富な

栄養価の高い旬食材です。

スナップえんどうは、β-カロテンや、カルシウムビタミンCなど栄養バランス

の整った野菜です。さやごと食べれるため、食感も良く、食物繊維も多く摂れます。

■材料約2人分(1人当たり:195 kcal)

・菜の花 100g

・ホタルイカ 80g

・スナップえんどう 5本

・にんにく 1/2かけ

A アンチョビ 2枚(5g)

A 塩、こしょう 少々

・オリーブ油 大さじ2

 

■作り方

① 菜の花は5センチのざく切りにする。

(太い茎の部分は、縦半分にきる。)

スナップエンドウは、筋をとって茹でる。

にんにく、アンチョビはみじん切りにする。

② にんにく、オリーブ油を弱火にかけて、香りがでたら

菜の花を炒める。

③  菜の花がしんなりしたら、ホタルイカ、スナップエンドウ

を加えてさっと炒め、Aで味を整えて器に盛る。

Mutsumi Kusumoto

野菜もしっかり摂れて栄養満点。

ホタルイカとアンチョビの組み合わせは、お酒の肴にもぴったり!

家族みんなで楽しめる1品です。

旬の食材はいまの時期に必要な栄養素がたっぷり含まれているので、

ぜひ積極的に摂りいれてくださいね。