こんにちは。

管理栄養士・フードコーディネーターの楠本睦実です。

管理栄養士」「ワーキングママ」ならではの視点から

簡単・時短で作れる、栄養を考慮したレシピを提案しています。

題して、

「ぱぱっと1品

ワーママ管理栄養士の旬菜ごはん。」

第29回目のレシピは、

「豚バラと長芋の梅おかか炒めです。

ついに梅雨入りしましたね。

今回は、じめじめで蒸し暑く、食欲が落ちがちな梅雨の時期にぴったりの

豚バラの旨味と長芋をさっと炒めた1品。

梅とおかかでさっぱりといただけます。

ごはんのおかずにはもちろん、お酒のおつまみにもぴったりの1品に仕上げました。

■豚バラと長芋の梅おかか炒め

Mutsumi Kusumoto

長芋は、アミラーゼグルコースなどの消化酵素が多く含まれているので、

滋養強壮にも優れている食材です。

梅干しに含まれるクエン酸は、疲労回復や二日酔いに効果的です。

たんぱく質豊富なかつお節をプラスして、うま味たっぷりの1品にしました。

■材料約2人分(1人当たり:  365 kcal)

・豚バラ肉・・・120g

・長芋・・・200g

A 梅干し・・・小さめのもの2個(正味10g)

A 味噌・・・小さじ1

A 醤油・・・大さじ1/2

A みりん・・・大さじ1

・オリーブ油・・・大さじ1/2

・かつお節・・・2g

■作り方

 長芋は、1×6センチの拍子切りにして、

酢水(分量外)にさっと漬け、水気を切る。梅干しは種をとり、

たたいてペースト状にする。(味噌をよくとき、Aをあわせておく。)

②   フライパンにオリーブ油を熱し、豚ばら肉を色が変わるまで

中火で焼く。

③  長芋を加え、強火でさっと炒めて、Aを加えからめる。

かつお節を加えてさっと全体を混ぜ、器に盛る。

Mutsumi Kusumoto

豚ばら肉は、少量でもうま味がでるうえ、使う油の量も少なくすみます。

長芋を加えたら、強火でさっと炒めるのがポイント。

じめじめな梅雨の時期にも、梅の酸味がきいた食欲をそそる1品です。

かつお節はお好みでさらにプラスしても◎

ぜひお試しください!