こんにちは。

管理栄養士・フードコーディネーターの楠本睦実です。

管理栄養士」「ワーキングママ」ならではの視点から

簡単・時短で作れる、栄養を考慮したレシピを提案しています。

題して、

「ぱぱっと1品

ワーママ管理栄養士の旬菜ごはん。」

第43回目のレシピは、「サーモンとマッシュポテトのミルフィーユです。

今週は令和最初のクリスマス!

 

忙しい平日でも簡単につくれて、

おもてなしにもぴったりなおしゃれな1品をご紹介します。

 

■スモークサーモンとマッシュポテトのミルフィーユ

Mutsumi Kusumoto

スモークサーモンは、塩漬けした鮭を乾燥して燻製にしたもの。

マリネやサラダなど、使いやすく、見た目も鮮やかなので、料理に添えるだけで

華やかな雰囲気を演出してくれる食材です。

 

加熱してもビタミンCの損失が少ないじゃがいもは、

血圧の安定むくみ予防に効果的なカリウムを多く含みます。

 

今回は、スモークサーモンとマッシュポテトを

重ねて、簡単かつ映える1品にしました。

 

■材料約2人分(1人当たり: 155 kcal)

・スモークサーモン・・・約70g

・じゃがいも・・・1個

A 有塩バター・・・10g

A 牛乳・・・小さじ2

・塩、胡椒・・・少々

・セリフィーユ・・・お好みで

■作り方

①スモークサーモンは重ねやすいように、適当な大きさに切る。

じゃがいもは、皮をむき、一口大に切り、水から茹でる。

竹串をさしてすーっととおるまで茹でたら、潰し、熱いうちにAを加えて

マッシュポテトを作る。塩、胡椒で味を整える。

② セルクル型に、サランラップをかぶせ、

スモークサーモンとマッシュポテトを順に重ねる。

③ラップごとセルクル型から外し、器に盛り、セルフィーユを飾る。

(※セルクル型は、直径5センチのものを使用。)

Mutsumi Kusumoto

マッシュポテトは、しっかりと潰してなめらかに仕上げると、

ミルフィーユが作りやすくなります。

マッシュポテトの代わりにクリームチーズでも手軽においしくできますよ。

 

食パンにサンドしてピックをさせば、簡単に可愛いサンドイッチにリメイクできます。

 

楽しいクリスマスをお過ごしくださいね。